亡くなった愛犬の気持ちを知りたい

亡くなった愛犬の気持ちは「メシが美味かった!」あの子らしい言葉に本当に会えた気がした





 

  • 愛犬を失い喪失感と空虚感を感じる毎日
  • 自分の生きている意味が分からなくなってきた
  • 無気力な毎日なのに突然涙が溢れ出てくる…




もし今、ペットロスで毎日苦しい思いをしているのなら

電話占いで亡き愛犬の声を聞いてみてはどうでしょうか。




なぜなら全国の有名占い師がペットの気持ちを、電話を通して霊視して

亡くなったあの子の気持ちを伝えてくれる


からです。






具体的には、

 

マークが生前そのままに生き生きと過ごしていると知り心から安堵しました。

一緒にすごしている女の子もいるようで、ひとりで過ごす時間が長かったけど、もうそんな心配は無用ですね。

そしてマークからの愛くるしいメッセージをいただき、もう何度も何度も読み返しては感極まり号泣してます。



 

この度、天国へ旅立った愛犬の鑑定をして頂き、ありがとうございます。

先生が見て頂いた通りで、ベイベイは本当に賢くて愛嬌がある優しい子で、先生のメッセージを見て涙が止まりませんでした。

ベイベイに会いたい、ベイベイが生き返ってほしいと思う毎日ですが、先生がベイベイの元気な様子を教えて頂頂いたことで、

少しつらい気持ちから解放されました。



など感謝の声が多数見られます。





あなたが今の状態ではきっと愛犬も天国で心配していることでしょう。

  • 愛犬がなぜあなたの元にやってきたのか?
  • なぜ数ある飼い主の中からあなたを選んでくれたのか?
  • 愛犬があなたに伝えたいことは何だったのか?




この真意を確かめられた時、止まってしまったあなたの時間が再び動き出します。

そして、虹の橋を渡った愛犬も喜んでくれるのではないでしょうか。



 



 









 

心の支えがいなくなって抜け殻の私…


ペットロスって想像以上につらいんです…。

 
  • 夢で会えるかもと思って睡眠薬を飲んで眠っても会えない
  • もっと一緒に暮らしたかった、幸せにしてあげたかった
  • 心の支えである愛犬がいなくて毎日がいっぱいいっぱい
  • 最期の痩せ細った姿で夢に出てきて悲しい
  • 死んだときに看取ってやれなかったのを今でも後悔






私の愛犬はキャバリア=キングチャールズ=スパニエルでした。

ディズニーの「わんわん物語」に出てくる犬種で、毛並みがすごく綺麗な子だったんです。

本当に大好きで大好きで大好きな可愛い子でした。

「舐めグセ」がたまにキズでしたけど……。





そんな愛犬も老衰で亡くなってしまいました。




いずれそんな日が来るとは覚悟していました。

が、やはり現実を目の当たりにすると、とてもじゃないけれど冷静ではいられなかったのです。






あの子が天国に旅立ってからは想像以上に辛い毎日でした。

仕事中でも何かの拍子でスイッチが入ってしまい泣いてしまったり。




「私はあの子を幸せにしてあげる事ができたのか?」

「あの子は私の元にやってきて正解だったのか?」



こんなことをグルグルグルグル考える毎日。




でも、1番後悔しているのはどうしても外せない用事で

あの子の最期を看取ってあげられなかった

こと……。












 

ペットロスが延々と続いてしまうと…

亡くなった犬の気持ちを知りたい





 
  • 気持ちが荒んで家族に暴言を吐いてしまう
  • 心のバランスを失って会社に行く気にもならない
  • 人前でも関係なく、突然涙が出てしまう
  • 自分が飼わなければ…と自責の念にさいなまされる
  • 摂食障害に陥り後追いしてしまおうか、と考えるように


ペットロスって長引くんですよね…。



もう何もかもやる気にならない。

こんな無気力な状態なのに、突然怒り出すみたいに自分の気持ちをコントロールできなくなってしまいます。




『このままじゃいけない…』

『天国に旅立ったあの子もこんな私を心配してるはず』




頭ではこう分かっていても、どうしても立ち直れない。

塞ぎ込む毎日が続いてしまいました。







 

愛犬との別れを克服できた先に待っているのは?

 

亡くなった犬の気持ちを知りたい





こんな私がペットロスを克服できたのは

あの子の言葉を占い師の先生を介して聞けた

からです。



熟練の占い師に霊視してもらうと愛犬からのメッセージを受け取れます。




例えば

 
  • 愛犬に心配させていると聞きしっかりしなきゃと思った
  • 亡くなった私の祖父と一緒に楽しく遊んでいると聞けて安心した
  • 「メシがうまかった!」と感謝されてると知りあの子らしいな、と嬉しくなった

このようなメッセージを受け取ることができるので、沈み込んでいた気持ちがかなり軽くなります。








私の場合は

運転している私の上に座って窓から顔を出す

のが本当に楽しかったそうです。



確かに愛犬とは週末にいつもドライブをしていました。

葉山や逗子、鎌倉あたりを。


風に吹かれながら、流れていく海の景色を見るのがとても好きだったそうです。





あの情景を思い出すと今でも涙が出てしまいます。



でも、それと同時に

『私のところにきて、あの子は本当に喜んでくれたんだな』

と知れて、心のどこかに引っかかっていた何かがスーっと消えていくようでした。










 

ペットロスで塞ぎ込んでいるのならヴェルニの占い師に相談してみてほしい

亡くなったペットの気持ち 占い



亡くなった愛犬の気落ちを鑑定してくれたのは

優瓜(ゆうり)先生

という占い師の先生。



ネット上でも有名な、亡くなったペットの気持ちを霊視できる凄腕占い師です。

この優瓜先生はヴェルニに所属しています。






ヴェルニとは1000名以上のプロ占い師が所属している老舗の占いサイトです。
 
  • 多くの占い師は恋愛問題を扱うがヴェルニにはペットの声を聞ける占い師もいる
  • ペットロスで塞ぎ込んでても気持ちに寄り添った鑑定をしてくれる
  • コンシェルジュが自分の悩みに合った占い師を推薦してくれる
  • 新規登録者には5000円分の無料鑑定がついてくる
  • 感謝の口コミばかりの占い師が多数在籍している




正直、

「占い?」「適当なこと言われるだけなんじゃないの?」

と思う気持ち、よくわかります。





私もそう思っていました。

話もできないペット、しかももうこの世にはいないあの子の気持ちがわかるはずないと。



ただ、優瓜先生に鑑定してもらった人たちの口コミを見てみると…。

感謝の言葉でいっぱいだったのです。

(優瓜先生の口コミはこちら








しかも、ヴェルニは5000円分の無料鑑定ができるとのことで試してみたんです。



占い師の言っている事がデタラメだったら電話を切っちゃえばいいか、と。

ヴェルニへの登録自体は無料でできますし。

これなら損することもないし、騙されることもない…。





でも、先ほど書いたように

「運転中の私の上に座って見る外の景色が大好きだった」

という優瓜先生に話を聞いて…。


目の前がパァーっと明るくなったのを今でも覚えています。






本当に優瓜先生には感謝の気持ちでいっぱいです。









 

「依存のし過ぎ」にだけは注意してほしい

亡くなったペットの気持ち 占い




ただ一つだけ注意してほしい点があります。



それは

何度もあの子の声を聞くことはやめてほしい

ということ。



こちらの世界にいる私たちとあちらの世界にいるあの子たちとは違う世界にいる存在です。

むやみやたらと繋がるのは神様の意思に背くことでもあります。


また、いつまでも塞ぎ込んで天国にいるあの子に心配をかけさせるのもよくありませんよね?


なので、使っても2回くらいまでにしておいてあげてほしいです。





 

最後に

亡くなった犬の気持ちを知りたい



 
  • 愛犬をもっと可愛がればよかった
  • 亡くなった愛犬は幸せな生活だったの
  • 虹の橋を渡った愛犬を思い出すと涙が止まらない




今、こんな状況で苦しい思いをしているのなら

優瓜先生を介して「亡き愛犬からのメッセージ」を受け取ってみませんか?




今のあなたの状態をきっと天国で愛犬も心配しているはずです。

 

  • 愛犬があなたに感謝していることとは?
  • なぜ数ある飼い主の中からあなたを選んでくれたのか?
  • 愛犬があなたに伝えたいことは何だったのか?




この真意を確かめられた時、止まってしまったあなたの時間が再び動き出します。

そして、虹の橋を渡った愛犬があなたに”生きるチカラ”を貸してくれるはずです。






優瓜先生にあの子の気持ちを見てもらうなら⇨優瓜(ゆうり)先生のプロフィール




































 

亡くなった愛犬に会いたい

亡くなった愛犬。
ずっといてくれた愛犬。
唯一無二の親友だった愛犬。


あの子がいてくれたからこそ乗り越えられたことも多々あった。

あの子が一緒にいてくれたから耐えられた夜もあった。

あの子に会いたい。どうしても会いたい。



最後にもう一度だけでもいいからあの子に会いたい。

神様、お願い。




 

亡くなった犬の気持ち


あの子はどんな気持ちで我が家に来たんだろう。

全然いうことを聞かなかった愛犬。

それがいつしか、何も言わなくても心が通じていた。

あの頃は愛犬の気持ちが手にとるように分かっていた。

でも、今思うのは本当にあの子の気持ちをわかってあげられたのか。

それが今でも引っかかっている。